「なぜ保険に入ってはいけないのか?」が気になりました

ダイヤモンド・オンラインの「お金のウソを暴く!なぜ保険に入ってはいけないのか?」が気になりました。[外部記事]

セゾン投信の中野晴啓社長の連載記事です。

投資に誘導するのはポジショントークとしては理解できますが、ところどころ理解できない点がありました。

今回は、保険について


貯蓄型と掛け捨て型


保険にはあまり詳しくないので調べました。

「貯蓄型」と「掛け捨て型」の違いです。ライフネット生命の図が分かりやすかったのでそれを参考に概念図を作りました。[参照リンク]

940_insurance.png

さて、この図をもとに話を進めます。


理解できない点


元記事から主要部分を引用します。

死亡・高度障害時に保険金500万円が支払われるというプランを前提にして計算すると、掛け捨て型の払込保険料額は30年間で76万2000円、月にならすと2116円程度です。これに対して貯蓄型の場合は376万3800円でした。


さて、ここから少し込み入った話になります。しばらくお付き合いください。

まず、整理しましょう。
保険料
掛け捨て型:2,116円(月額)
貯蓄型:10,455円(月額)(376万3800円を360ヶ月で割った数字)

満期返戻金
掛け捨て型:0円
貯蓄型:400万1000円

さて、これをもとに中野氏は、貯蓄型の利回りを「年0.405%」としています。

ん?


中野氏の計算式


毎月、10,455円を30年(360ヶ月)支払って、満期時に400万1000円を受け取る取引を考えます。

そのときの月次の利回りをIRRで計算します。

そうすると0.0337%

これを年率換算すると、0.405%です。

中野社長の結果と同じです。


疑問が・・・


私の疑問ですが、毎月10,455円を30年(360ヶ月)支払うと計算は合うのですが

10,455円のうち、2,116円は掛け捨て部分じゃないの?

という疑問がわいてきました。

貯蓄に回っている金額は、毎月の10,455円から掛け捨ての2,116円を除いた、8,339円ではないでしょうか。

ここらへん、詳しい方がいたら教えていただきたい部分です。m(_ _ )m

さて、貯蓄性の基準になる金額を、毎月8,339円としたときどうなるか。

同じ計算で、月次IRRは0.1531%になります。

年率換算では1.853%です。


ちょっとまとめ


貯蓄性の保険で月次保険料が10,455円。

10,455円をベースに利回りを計算すると、年率0.405%

月次保険料が10,455円のうち、2,116円は掛け捨て部分、残り8,339円を貯蓄性の保険料とみなして、

8,339円をベースに利回りを計算すると、年率1.853%

さて、どちらで考えるべきなのでしょう。


思うこと


利回りの考え方でどっちがベターなのかは現時点では分かりません。

損得勘定をちゃんと計算するなら、掛け捨ての部分での期待値まで計算しないといけないとは思いますが、それはそれとして、前者の年率0.405%でも悪くはないと思います。

まあ、ここまで計算してみて、保険の利回りを計算するのは難しいな・・・というのは分かりました。


蛇足ながら


発生する頻度は低いけど、発生したときの被害が大きい事象に対して、リスクを移転するのが保険の役割です。

発生する頻度と、被害の大きさの「両方」を考える必要があります。

元記事で気になった点を引用します。

あくまでも確率の問題ではありますが、20歳から65歳までは、死亡する確率が非常に低いので、保障は全くといって良いほど必要ないと思います。それよりもそのお金を運用して、長生きに備える方が合理的ではないでしょうか?


ん・・・

仮に、災害や事故の発生確率が非常に低いとして、それが起きたときに何百、何千、何万人も被害に遭うとします。そのとき、電力会社や鉄道会社、航空会社が

そんなことが発生する確率は非常に低いので、対策は全くといって良いほど必要ないと思います。それよりもそのお金を運用(投資)して、ビジネスを拡大させたほうが合理的ではないでしょうか?

なんて言ったら

え?ちょっと違うでしょう・・・と思いますね。

起きて欲しくないことが起きたとき、損失を金銭的に補償するのが保険です。保険の必要性は、投資とは切り離して考えたほうがいいですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3536:

単に運用益だけを考えるなら、保険にお金をつぎ込むよりも投資をした方がいいのかもしれませんが保険は病気になったときなど保険料が支払われて積立額は減らないわけですから、変な言い方かもしれないけどたくさん保険金を使ったり、途中で死亡したりするなら保険の方が金銭的にはお得になるのかなと思います。

ただ現実そうはなりたくないですよね。

2017.08.10 22:06 クロスパール #- URL[EDIT]
3537:

分けて計算するのが正しいと思います。但し、保険の一番不利な点は、30年間ずっと払いこむ必要があって、途中で払えなくなると元本が毀損することではないでしょうか。要するに健康なままリストラされるという、万一の事故よりもかなり確率の高い状況の場合は保険会社の勝ちになること、この点が一番不利で見落としがちなところだと思います。もちろん、共済なんかの掛け捨てに加入することを否定するつもりはないです。所得控除の範囲内であれば期待値も一を超えると思いますし。

2017.08.11 04:51 night0878 #- URL[EDIT]
3539:

※3536:クロスパールさん
保険は、そうなったとき、ならなかったときでだいぶ違いますね。おっしゃるように、万が一の時には保険の方がいいですけど、そういう状況にはなりたくないですね。(^^;

2017.08.11 19:26 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3540:

※3537:night0878さん
ありがとうございます!
やはり分けて計算した方がしっくり来ますね。

なるほど、健康なままリストラですか。あり得ますね。(^^;;
途中で脱退するときの有利、不利も考えないといけないですね。

ますます保険と投資は別に考えた方がいいという思いを強くしました。

2017.08.11 19:30 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する