人生100年時代? 死亡の中央値と最頻値

人生100年時代とか言われてますね。

思うのですが、自分の人生を終える時期が分からないのが不安の元ですね。

自分がいつ亡くなるのかを事前に知ることができれば、老後の資金計画も立てやすいです。70歳なら多めに消費してもいいでしょうし、80歳ならまあそこそこ消費できます。これが人生90年時代とか、いやいや100歳だとなると不安ですね。

で、今回は死亡の中央値と最頻値について


命のローソクの長さ


残念ながら、自分がいつ亡くなるのかを事前に知ることはできません。特定の個人がいつ亡くなるかを知るのは無理ですが、日本人全体のおおまかな傾向を知ることはできます。

全体としてはこうなります。

life_candle

厚生労働省の第22回生命表のデータから作成しました。

男女差は興味深いですね。


中央値と最頻値


生存者数が半分になる年齢を中央値とします。
中央値
男性:83.8歳
女性:89.8歳

年間死亡者数が最も多い年齢を最頻値とします。
最頻値
男性:87歳
女性:92歳


人生100年時代?


ちなみに100歳まで生きる確率は
男性:1.6%
女性:6.7%

です。


人間50年


織田信長が舞ったと言われる「敦盛」の一節です。

人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

六道(天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄)の考えでは人間界の上に天界があります。下天は天界のなかでは最下位ですが、それでも下天での一昼夜は人間界の50年に当たります。

人間界での50年は下天界での一昼夜に過ぎず、夢まぼろしのようなもの。

ちなみに下天の住人の寿命は500歳だそうです。人間世界換算で900万歳。

天界での年金問題は大変だろうな・・・

いや、そうじゃなく

普段は長いと思う一生ですが、視点を変えるとあっという間なんですね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3141:

すこしずれたことなんですが、「ゾウの時間 ネズミの時間」という新書を思い出しました。

象と鼠、そして人間。
将来、さらに平均余命が伸び、そこで思うのはどんなことかなと。ただ、健康年齢と寿命は違いますから。節制して、健康であり続けたいかな。

いやぁ・・・。昔は、こんな本ばかり読んでいました。今と違いすぎる(苦笑。

2017.03.19 23:32 煙々 #- URL[EDIT]
3142:

※3141:煙々さん
「ゾウの時間 ネズミの時間」ありましたね。
健康年齢と寿命は違いますね。私は健康でいられる年齢と寿命がなるべく近いのが望みです。節制して体も動かして健康でいたいですね。

2017.03.20 21:55 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する