老後の必要資金 蓄えが2100万円あれば普通の生活

「リタイア後に生活費が1億円もかかる? 収入と出費を把握して対策を」という記事がありました。[外部記事]

蓄えが
2100万円あれば、普通の生活
4900万円あれば、ゆとりある生活

だそうです。

今回は、老後について


実際に必要な額


老後の必要額は、どんな生活をしたいかによりますね。

厚生労働省の家計調査で、「二人以上の世帯のうち高齢無職世帯」(=おもに老夫婦の世帯のこと)の状況を見てみましょう。[参照リンク]

月額支出は約25万円です。 (正確には 247,815円です)
月額収入は約21万円です。 (正確には 211,135円です)(税込み)

収入21万円は税引き後18万になりますので、毎月約7万円ほどの貯蓄を取り崩すわけです。

ん・・・

生命保険文化センター「生活保障に関する調査」をもとに、FPの人たちはゆとりある生活に必要な生活費は月額約35万円と言います。だけど、実際にはそれより10万円低いところで生活しているのが実態でしょう。

ゆとりある老後35万円をもとにした「必要な額」に押し潰されないようにしたいですね。


興味深い点


総務省の家計調査からは興味深い点も見えてきます。

毎月の支出額です。

60~64歳: 276,620円
65~69歳: 275,872円
70~74歳: 248,122円
75歳以上: 227,266円

60代前半と75歳以上では5万円も支出額が違うのです。

高齢になるほど消費意欲が少なくなるようですね。

収入(可処分所得)は65歳以降は年代別で大差ないです。75歳以上の消費が少ないのは収入の要素ではなく、純粋に消費減退なのかなと思います。


95歳まで生きたとして


老後の必要額を試算するとき、

1. ゆとりある老後には35万円と言って、現実的な25万円から10万円上乗せして試算する。
2. 高齢になるほど消費が減退することは気にせず、たとえば95歳まで同じような消費額で計算する。

となると、過大計上になりますね。

余裕を見るべく、バッファーとして多少盛るのはいいですけどね。

ただ、盛り過ぎには要注意かなと思います。


まとめ、のようなもの


老後の生活に不安を感じることがあります。

でもね、と。

家計調査の数字に目を向けると、そんなに心配しなくていいのかなと思います。

年金と貯蓄である程度の経済基盤があれば、あとは、のんびりゆったり、老後を楽しめる気がします。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
3018:

「ゆとりある老後」と「老後の実態」との差なのでしょうか。

支出額が年齢とともに減少する。
しかし、医療費は年齢とともに増加する。

これが消費支出に反映されていないのは、まだまだ日本の保険医療体制がしっかりしているためなのでしょうかね。
将来、医療費で高齢者破産が多発なんてことがないようにしたいものです。まぁそうなれば寿命が短くなるから、問題は解決しちゃうのかも知れませんけど。

2017.02.03 17:40 いろいろでセカンドライフ #- URL[EDIT]
3019:

私も、老後に必要な資金を2,500万円と考えており、
しかも、61~90歳に使うために見込んでいます。

私の両親は自営業で、70歳近くまで立ち仕事をしていました。
今は80オーバーですが、母は7km離れたカラオケ教室から徒歩でスタスタと帰ってきます。
免許を返納しているので、どこへでも自転車&徒歩、恐るべきパワー!

病院にもたまに血液検査に行く程度で、
(父は脳梗塞を2回しましたが、後遺症なく全快)
二人分の国民年金+少々の個人年金で暮らせており、老後資産にはまだ手をつけてないそうです。
旅行もよく行くんですけどねぇ。
どうやって暮らしてるんだろ?と不思議になります(笑)

『こんなに長生きするはずじゃなかったんだけどねぇ』が口癖。
楽しく最期まで生きられるのも運のような気がします。
少数精鋭で気の置けない友達がいて、元気だったらそれだけで幸せそう。

2017.02.03 18:30 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
3021:

※3018:いろいろでセカンドライフさん
ゆとりある老後は理想額なんでしょうね。理想と現実にはギャップがありますね。

高齢者の医療問題は早晩避けて通れない問題になりそうです。安楽死、尊厳死、延命治療のありかたなどですね。

2017.02.03 21:50 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3022:

※3019:みみんさん
高齢者になっても、歩いて健康を維持していられるのは素晴らしいですね。
楽しく最後まで生きられるのは運の要素はありますね。あとは、あまりお金を使わなくても楽しめる生き方を身につけるのは、ご本人の努力や考え方によるところもある気がします。

ともかく、気の置けない友達が何人かいて、元気ならそれだけで幸せでしょう。(^^)

2017.02.03 22:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3023:体が資本

貴重な記事をありがとうございます。

大変参考になります。

無駄な出費を避けるためにも、逆に必要な出費はして健康を維持する努力、たとえば、毎年の人間ドック(健康診断でなく高いやつ)受診するとか、公的施設がなければスポーツジムに通うとか、白内障予防や眼圧眼底検査などの眼科受診、歯周病予防と高価なインプラントにならないための定期的な歯科受診と衛生士によるクリーニングとか、そういう出費は惜しまないようにしたいものです。

体はどんどん弱ってきますし、医療費も国庫を圧迫するということは個人の財布の負担もバカにならないということですね。

半世紀生きてますが、そういうところをケアする出費は惜しまないようにしています。

2017.02.04 17:30 いっさん #1uH2yyYY URL[EDIT]
3024:

※3023:いっさんさん
こんにちは。コメントありがとうございます。

健康は大事ですね。まさに体は資本だと思います。
必要なところに出費を惜しまないのはいいですね。(^^)

2017.02.04 21:57 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
3033:

こんばんは

ご意見にあるように資産額だけで議論するのも片手落ちだと思います。
お金があっても3大成人病を患えば厳しいですね。
お金と健康があってもリテラシー(知恵)がないと盤石ではありません。
健康で知恵があってもお金がないと困窮します。
お金と健康とリテラシーのバランスがとても重要だと思います。

2017.02.05 21:40 yazirobe777 #- URL[EDIT]
3037:

※3033:yazirobe777さん
そうですね。大事なのはお金だけでなく健康と知恵とのバランスですね。
ピンコロでお金を使い切るのが理想です。

2017.02.06 22:44 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する