読書感想文 「ゾウは おことわり!」

ちょっとしたきっかけで児童書(絵本)を読みました。

読んでみるとなかなか奥が深いです。子供が読むものだから、ちゃんとした教育的な内容なんですね。普段は読まない本を読んで楽しかったです。

今回は、絵本の読書感想文です。


「ゾウは おことわり!」


主人公は小さな男の子とペットのぞうさんです。

男の子とぞうさんはとても仲良しです。

雨の日には、ぞうさんが男の子のために鼻で傘をかざしてくれます。優しいですね。

で、ぞうさんはちょっと臆病なんです。そのため男の子が、ぞうさんのために頑張る場面もあります。

どっちも散歩の日常のできごとです。

お互いの仲の良さが伝わってきます。


ところが


ところが、男の子とぞうさんに悲しいことが起きます。

楽しみに出かけたパーティに入れてもらえなかったんです。

「ゾウは おことわり!」なんです。

みんなペットと一緒に来ているペット同伴のパーティーです。しかし、像だけはお断りなんです。理由は分かりません。

男の子が悲しそうな顔をするのですが、パーティに入れない原因が仲良しのぞうさんなので、ぞうさんを気遣うんです。

で、ぞうさんも男の子を気遣います。


何の非もないのに


男の子もぞうさんも、自分たちには何の非もないのに、がっかりして家に帰っていきます。

男の子とぞうさんの気持ちを思うと切ない思いになりますし、その反動で「ゾウは おことわり!」に腹立たしさも感じます。

みんなで楽しめばいいじゃない。

って思いますね。


絵本のテーマ


この絵本のテーマは、「○○は おことわり!」の排他性だと思います。

ストーリーの詳細は書きませんが、最後は、男の子とぞうさんは楽しく笑って終わります。

「○○は おことわり!」を越えた先に、もっとたくさんの楽しさがあるんですね。絵本の作者はそれを伝えたかったのかなと思います。


おまけのひとこと


絵本のテーマは排他性を超えることなんでしょう。

で、そことは別に、私がいいなぁ~と思ったのは男の子とぞうさんの仲の良さです。男の子がぞうさんを思い、ぞうさんが男の子を思うところです。

「ゾウは おことわり!」

それを目にして、がっかりして帰るときのぞうさんの健気さが心を打ちます。ぞうさんが男の子のために頑張るんです。

泣ける絵本です。

読み方によっては。


アフィリエイトです


男の子とぞうさんのお揃いのマフラーがかわいいです。

ゾウは おことわり!
(児童書)

新品価格
¥1,250から


ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2919:

こんにちは

男の子=自分。ぞう=排斥されている人々

移民問題に通じる気がします。
大人が読んでも感じるものがありそうですね。

2017.01.12 14:30 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2922:

※2919:yazirobe777さん
大人が読んでもいい本だと思います。
ページ数は30ページですし、文字は少ないのですぐ読めてしまうのですが、考えることは多い本でした。

2017.01.12 18:01 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する