NISAに向いている人と向いていない人 NISAと英国ISAの違い

NISAの制度設計について考えました。

NISAはメリットを享受できる人もいれば、メリットを感じない人もいる制度だと思います。

なので、ご自身の投資スタイルがNISA向きならNISAを利用するのが良くて、自分のスタイルがNISA合わなければ無理に使うこともないという、まあ当たり前の結論です。

今回は、NISAについて


NISAと英国ISA


日本のNISAは英国のISA(Individual Savings Account)をモデルに作られました。

ISAのSはSavings、つまり貯蓄です。もともとは英国の低い貯蓄率を改善するための制度です。だからISAでは株式型 ISA と預金型 ISA の 2 種類があります。

さて、「日本型」ISAであるNISAは、株式型 ISA がモデルです。

ただし、大きな仕様変更が行われています。


仕様変更


私が思う、NISAと英国ISAの最大の違い。

それは「資限度額の考え方」です。

NISAの非課税投資枠は120万円です。ただし、枠は使い切りです。1月に120万円で株式投資をして2月に売ってしまうと、その年の枠は使い切ってしまいます。

年間の「累積購入可能額」が120万円ということです。

ところが、英国のISAはそうではありません。

英国ISAは非課税枠は11,520ポンド(約172万円相当)です。こちらは、「拠出額」に対する制限です。

どう違うかというと、英国では年間172万円をISAの口座に入れることができ、その口座の中では自由に売買できるということです。口座内で株式投資をして、それを売って、売却資金を使って別の銘柄に投資し直せます。

まさに投資の「非課税枠」です。

英国からISAを輸入するとき、「拠出額」から「購入可能額」に非課税枠の制度を変えたんですね。


NISAは売らない人向け


英国ISAと日本型のNISAを比較したとき、NISAに向いている人は長期保有を大前提に考えている人なんでしょうね。

長期のバイ・アンド・ホールド。

そういう投資スタイルの人はNISAに向いていると思います。

一方で、年に数回でも、たまーにでも、銘柄を入れ替えたい人には向いていないですね。


思うこと


NISAは特定の銘柄(たとえばバランス型ファンド)を継続的に投資していくスタイルに合っています。基本的には売らずに継続保有する投資法です。

逆に考えると
それ以外の投資法では使い勝手の悪さを感じると思います。英国のISAとは違って投資対象の入れ替えがしにくい仕組みだからです。

思うのですが

NISAは、広く遍くというよりは、特定の投資スタイルに合った制度と考えるのがいいんでしょうね。

で、さらに思うのは

特定の投資スタイルに合った制度にした結果、広がりが出にくくなっているのではないかなーということです。

私は、英国ISA並みの売買の自由度があったほうが広がりやすいと思ってます。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ