なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか

読書感想文です。

「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」という本を読みました。市場が穏やかな事もあって最近は読書三昧です。

今回は、ルールについて


ルールに対する考え方の違い


スキーのジャンプや柔道など日本が強いスポーツでルールが変更されると、欧米人は自分たちが有利になるようにルールを変えてずるいなーという感情が起きます。

なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか。

そこには日本と欧米で「根本的な発想の違い」があるそうです。

ルール作りに参加するところから戦いが始まると考えるのが欧米人。

ルールは与えられるもので、ルールに沿って戦うことをよしとする日本人。

この違いだそうです。

なんとなくわかりますね。


興味深い点


この本の作者は青木高夫さん。ホンダのビジネスマンです。

だからビジネスの視点での分析が本筋です。

おもしろいのは、「ルールを変更した側が、必ず勝者になれるとは限らない」という実例です。

ルールが有利に働く方が当面は勝ちやすいのですが、長い目で見ると、新ルールに適応した側が巻き返すこともあるわけです。

ルールという制約条件の中で、どうやって最高のパフォーマンスを出すか。それがポイントなんでしょうね。


ルール作りに参画


日本人のメンタリティとして、ルールは与えられるもの(あるいは既にあるもの)で、変化しないものと考えがちです。

そういう面はありますね。

中学生のころ、ガチガチの古臭い校則が生徒手帳に書いてありました。長らく変更されることのない「ルール」の一つですね。


ルールを変えること


本の内容からは脱線しますが、小さな子が大きくなる過程でルールの変更を学んでいくそうです。

最初はルール通りにゲームしてそれで満足しますが、ちょっとルールを変えるとトリッキーになって面白くなることを発見すると、みんなが合意できればルールを変えちゃおうとなります。

私が小さいころに遊んだボードゲームで、日本全国を旅する双六ゲームがありました。

航空券とか新幹線や特急のチケットがあって、それを使うと一気に遠くに行けるんです。でも使える枚数には制限があって、いつどう使うかで展開が変わってきます。

で、今回は新幹線は廃止ね、とか、逆に飛行機も新幹線も全部乗り放題にしよう、とか、ルールを変えていきます。

話し合いでルールを変えていくというのは、自然発生的なことですね。本来は。


アフィリエイトです


面白い本でした。ルールを守ることと変えること。それを考えました。

人生のルール、生き方も守るところは守り、変えるところは変える。そんな感じがいいのかな。なんて思いました。

ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか (ディスカヴァー携書)

新品価格
¥1,080から



ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ